レッスンイメージ レッスンイメージ

講座カリキュラム

RYT200ロゴマーク
アミーダティーチャートレーニング200

アミーダヨガアカデミーはRYT200を1ヶ月で取得できるよう、独自カリキュラム「アミーダティーチャートレーニング200」を組んでいます。
心と身体を健康に保つために必要な「ヨガの智恵」を学ぶことを重視したカリキュラムとなっています。

アイコン

受講期間

約1ヶ月間
(200時間)

アイコン

指導可能な
アーサナ数

約70種類

重点履修科目

ヨガアーサナ

トレーニングで学べるアーサナの数は約70種類。アーサナのアプローチには機能解剖学の知識を取り入れ、正しいアライメントを行うことを大切にしています。
基本のアーサナからアドバンスまで丁寧に指導していきますので、初心者でも無理なくポーズを習得することが可能です。

解剖学

安全かつ効果的にアーサナを深めていくために必要な機能解剖学の知識を実践を交えながら学んでいきます。
解剖生理学の知識も取り込むことにより、自分自身の身体の柔軟性と筋力を短い期間でも大きく向上させることができ、自らが指導者になる上で大きな自信と安心感を手に入れることができます。

食事法

「食は人なり」、その人が摂った食事がその人を作るという考え方がヨガにはあります。食事は身体に影響を与えるだけでなく、心の状態、更には人格までに大きな影響を与えます。
ヨガ的な食事とは?どのように日常生活に取り入れていくのか?「生命の科学」とも言われているアーユルヴェーダの知識を取り入れながら楽しく学んでいきます。

指導理論

ヨガインストラクターとして現場で活躍できる指導者になるためのステップやシークエンスの作り方、レッスン構成、生徒との関係の築き方などヨガ指導に必要な理論を身につけます。

ヨガ哲学

コースではヨガの二大経典である「ヨーガ・スートラ」「バガヴァッド・ギータ」に記述されているヨガの哲学体系について学んでいきます。そこには古代インドの賢者達が説いた「人が幸せに生きるための智恵」が多く記されています。ヨガ哲学を現代の私たちの身近にある事柄を通して解りやすく解説します。
人生においてどんな困難が起きても乗り越えていく力を手に入れ、日々を幸せに送る秘訣を知ることができるでしょう。

呼吸法・瞑想法

今の日本のヨガは「ヨガ=ポーズをとること」とされることが多く呼吸法や瞑想法はあまり重視されていません。よって指導できるインストラクターも少ないのが現状です。
コースでは呼吸法・瞑想法の原理を解剖学の視点からも学びプラクティスを重ねていきます。最終的に現場で指導できる力を身につけていきます。

指導技術

ペアワークを豊富に取り入れ、アーサナの指導方法、身体に触れるアジャストメントの行い方、プロップス(壁や道具)を利用した指導方法、呼吸法や瞑想法の指導方法、生徒を惹きつける話し方などを学びます。
自分が組んだ60分のシークエンスを一人でリードできるようになることを目指します。